シワは仕方ない、でもシミやたるみはいらない

困る女性シワは歳を取るにあたって防ぐことは不可能だと思います。

逆にピンと張りすぎていても、不自然な感じがありますし、笑いジワなどのシワはあっても良いものだと思っています。

ですが必要のないものもあります。

シミとたるみです。

シミが無いだけで若々しく、透明感のある肌に見せることができます。

若いときからシミ対策だけはと気をつけていましたが、最近どうも対策のし過ぎはいけないというような情報を耳にしました。

日の光を浴びないと、肌がたるんできて老け顔になるといったものです。

最低でも15分程度は顔にも日光を当てないといけないらしいのです。

これまで顔にはガッチリ日焼け止めを塗りたくり、帽子やサングラスやマスクを駆使してきましたが、少し変えていこうかなと思います。

そう思えたのはいくつか理由があります。

美白で有名な元モデルというか美魔女の先駆けのような方をテレビで見たときのことです。

その方は日光は絶対に浴びない、日焼け対策をものすごくしていることで有名なのですが、年齢の割にものすごく頬がたるんでいたのです。

ブルドックラインというか、口元のあたりまで頬が落ちてきてしまって老けた印象でした。

肌は白いですし、目もパッチリしていてお美しいことは間違いないのですが、そのたるんだ頬が気になりました。

友人にも徹底的に日光を遮断する生活をしている人がいるのですが、やはりたるんでいます。

たるみをとるかシミをとるか、難しい部分もあるのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>